So-net無料ブログ作成
パキシル ブログトップ

1年経過 [パキシル]

パキシルを飲まなくなって、一年経過。

その間、予期不安やパニック発作に、多少悩んだこともあったけど、無事過ごすことが出来ました。

私のブログで、アクセスとコメントが一番多いのは、パキシルの副作用について書いた記事。
それだけ、いろいろな人が、不安を抱えているのが分かる。

薬を数年のみ、薬を止めた経験から言えるのは・・・

・自分の判断で止めないこと
・止めたい意思があることを担当医に伝えること
・自分なりの対処をみつけること

でしょうか。
私は認知療法の本を読み、自分なりの回避方法が見つかったような気がします。

忘れてました、一番大切なこと。

・自分の気持ちを正直に話せる人や場所があること

私にとって、このブログは、そんな場所でした。
最近は、私のブログは恋愛記事やグチが多いですが・・・。
ツライときに、吐き出す場所があるのは、とても心強いです。

焦らず、のんびり治療していけば、治ります。
少しでも私の経験が役に立てば・・・と思います。


nice!(2)  コメント(5) 
共通テーマ:健康

遅いけど副作用? [パキシル]

パキシルを飲まなくなってから、1ヶ月以上経ちました。
パニック発作もなく、平穏な日々を送っています。

今更ながら、パキシルの副作用だったのか?
と思うことが2つかあります。

まず、朝、電車を乗り過ごさなくなりました。
朝は、たいてい座れるので、30分ほど、睡眠にあてています。
パキシルを飲んでいるときは、寝過ごして最寄り駅を通り過ぎたことが、何回かありました。
飲まなくなった今は、どんなに疲れていても、必ず、目を覚まします。
夜、不安もなく寝れているおかげか、薬の副作用の眠気がなくなったからなのか分かりませんけど。

あと、人のことばを忘れなくなりました。
薬を飲み始める前、私は、驚異的な記憶力の持ち主だった。
『驚異的な記憶力』というのは、勉強とかではなく、ちょっとした会話の内容をいつまでも、覚えているということ。
会話の中で出たことを、ちゃんと覚えている人でした。
くだらないギャグだったり、会話に出てきた人の名前とか。
それが、薬を飲むようになってから、「あれ?聞いたっけ?」ということが多くなった。
まぁ、年をとったかなぁ~程度に思っていたんですが。。。
薬を飲まなくなってから、その記憶力が戻ってきました。

薬の副作用だったのか、それとも、気分が前向きで出てきた変化なのかは、よく分かりませんが・・・。


nice!(3)  コメント(10) 
共通テーマ:健康

パキシルさらにさらに減量 [パキシル]

昨日は、1ヶ月に1度の心療内科でした。
結果は、今まで2日おきに飲んでいたパキシルが3日おきになりました。
またもや納得いかない診療でした。。。

昨日の会話は以下の通り。

医師 「どうですか?」
私  「飲み忘れて3日目の時に、吐き気がしたんです。でも、その後は、2日おきに飲むことを守っていたら、特に吐き気も無いです。」
(カルテに何か書き込んでいる様子・・・しばらくして)
医師 「どうしましょうか??」
私  「え??」 
(質問の意図が分かりませんでした。今後の診療方針のことなのか・・・少し間が空くと・・・)
医師 「まぁ、少し、1日おきで薬を続けてみましょうか・・・」
私  「あの、今、この前の診察から2日おきになってるんですけど・・・」
医師 「そうでしたっけ?」
(カルテは何の為にあるんですか?最初の私の話を聞いてましたか? この時点で、かなり怒り心頭です)
医師 「じゃあ、3日おきで」
(そんな軽いノリですか??)
私  「じゃぁ、次は、4日おきとかになるんですかねぇ?」
医師 「そうですね。そのうち、薬を飲まなくて平気になりそうですね」
(軽く言われ、診察終了)

この後、薬がまだ残っているのでいりませんと断ると、また不満そうでした。
前回のブログを読んだら、まったく同じやり取りを昨日もしてて驚きですよ。
患者は、金づるじゃないんだぞ!と、腹立たしく思っています。

今回の診療を終えたとき、私は、確信しました。
この医師は、病気から完治した人を見たことが無いんだと。
薬を減らしていくと、みんな来なくなったりして、治る経過を見たことが無い。
または、少し良くなると併設されているカウンセリングルームを勧めるから、自分だけで完治させたことが無い。
だから、私の薬を減らすことがよく分かっていない。

また1ヵ月後に、予約を入れました。
次は、どんな診断か、気になります。


nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

パキシル副作用 その2 [パキシル]

パキシル副作用について、書いてあるのを見つけたので、転記しておきます。
気になっている妊娠等について。
おくすり110番というサイトに載っていました。

続きを読む


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

パキシルさらに減量 [パキシル]

昨日、1ヶ月に1度の心療内科へ行ってきました。
結果は、今まで1日おきに飲んでいたパキシルを2日おきになりました。
今まで、減らしたいと頼んでも、なかなか減らなかったパキシルが、今になって早いペースで減っていく。
半年をかけて、徐々に減らすと本で読んだけど、実際と違う。
私の症状に合わせているのか、お金にならない患者は、早く切り捨てるのか・・・。

昨日の会話は以下の通り。

医師 「薬を2日おきで飲んでみてください」
私  「はい。」
医師 「最初より6分の1(?)になるけど、大丈夫??」
私  「え??」 (どんな計算?)
医師 「最初の頃より、薬が減ったからね。大丈夫?」
(大丈夫?と聞かれて、なんて答えたら良いか分かりません・・・)

医師 「じゃぁ、いつもどおり、薬を出しておくから」
私  「いえ、薬は、まだ残ってますから。」
(前回、今までと同量(28錠)出していて、今回は、一日おきで半量(14錠)しか飲んでいないのだから、残っていて当然なんだけど・・・)
医師 「いらないの?」
(不満そうに言うと、カルテの文字をぐしゃぐしゃと消していた)
確かに、処方箋を書かないと、医療費が減るからね・・・それが不満?
そんな感じにしか取れない態度でした。
また1ヵ月後に、予約を入れました。
次は、どんな診断か、気になります。

もし、パニックの発作がまた起きたとしても、この医者には行かない気がする・・・。
再発したら、「ほらね」という感じで見られる気がする。
本当に、もう医師を信頼できないところにきてるんだなぁ~と実感。

今日は、2日おきの2日目。
薬を飲まないで2日過ごすは、初めてかな。
まぁ、特に何の変化もなし。
薬を減らしてから違うと感じる点は、午前中に、仕事してても眠くて仕方がなかったのが、無くなったことかな。


nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

パキシル減量 [パキシル]

昨日、心療内科へ行った。
とても釈然としないけれど、結果、パキシル服用が1日おきになった。
今までの半分の量に減った。

医師とのやり取りは以下の感じ。
いつも通り、現状を話した後、診療が終わりそうになったところで・・・
私  「薬は、やっぱり減りませんか?」
医師 「減らすならこれを・・・」
(また認知療法のチラシを引き出しから出し、私に見せる)
私  「ここ(併設の認知療法センター)で、認知療法を受けなくても良いですか?」
医師 「えっ??」
(私のカルテをしまい、次を見ていたので、もう一度、私に視線を戻した)
私  「色々なところで、認知療法を行っているので、そこでも良いですか?」
医師 「あぁ、別に良いですよ。」
私  「認知療法をしないと、薬は減らないんですよね?」
医師 「そんなことはないよ。・・・認知療法は、やるつもりないのかな?」
私  「認知療法は、考え方を前向きに変えてく感じだと思うんですけど、今の状態で、特に後ろ向きでもないですし、苦手な場所はないので、受ける必要性が分からないんですが・・・」
医師 「じゃあ、薬を一日おきに減らしましょう」

と、こんな感じで薬が減らされたのですが・・・。
これって、認知療法を行う必要がないから、薬を減らしてもらった感じもしますが、併設しているセンターで受けなければ、認知療法は、いいと思ってる感じがして・・・。
認知療法が有益だと思っているなら、その必要性を教えてくれれば、受けるのに・・・。
お金儲けの感じがして、ちょっと嫌悪感がしました。
何はともあれ、薬は減ったので、これで飲まなくて済むようになりたいものです。
気になったので、自分で行う認知療法の本を買ってきました。


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

パキシル副作用 [パキシル]

絶対安全な薬は、無いとは思う。
でも、以前、ネットで調べた時は、パキシルは副作用が少ないと書いてあった。
先日、本屋でパニック障害について書いてある最新本を手に取ったら・・・
前年9月の発表で、パキシルを服用している女性の奇形児出産率のパーセンテージが上がっていた。
かなりショックでした。
まだ新しい薬で、これから分かってくる副作用が増えてくるんじゃないか・・・と、心配が倍増です。
明日は、今年最初の病院へ行く日です。
また薬を減らしてもらえるように、交渉しようかな。。。


nice!(2)  コメント(84)  トラックバック(2) 
共通テーマ:健康

パキシル [パキシル]

毎日、朝一錠飲んでいる薬「パキシル」
飲み始めてから1年半経っている。
副作用として、吐き気などがあると聞いていたけれど、私は、副作用は全く無く、パニック障害の発作が治まっている。
ただ、止めることができない。
止めた後がとても不安。
医師が、「もう良いですよ」と言ってくれれば、安心して止めることが出来るのに。

休日、寝坊をするため、朝の薬を飲み忘れる。
夜寝る前に気づくので、そのまま飲まない。
医師にもそれで良いと言われた。
とくに、薬を飲まなくても、過ごせることは分かる。
でも、会社へ行く時、毎日の通勤途中、いつもの日常の時に、いつもの薬を飲まないと、不安になりそうな気がする・・・。
きっと、気がすることが、完治していないと言うことかもしれない。

薬を飲みながら、いつまで過ごすのか・・・。
このまま、結婚することになるのか。。。
子どもを産めるのか・・・。
時々、不安になる。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
パキシル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。